ランチ ディナー 天満エリア お寿司

【天満】ツーコイン本格板前寿司『すし政』を徹底解説!!

更新日:

寿司屋を筆頭に数多くの飲食店が軒を連ねる、天満・天神橋筋商店街。

天満でお寿司を食べたいけどどこで食べたらいいか迷ってしまう。なんてことは当たり前です。

さらに、初めて天満を訪れる方や、初めて板前寿司に挑戦するという方はなおさら迷います。

今回はそんなみなさんに心からおすすめする『すし政』というお寿司屋さんをご紹介します。

記事後半にはたっくんが選ぶ、すし政イチオシ寿司ネタも紹介しているので、訪れた際にはお試しください!

あなたにとって特別な一食。お寿司屋さん選びで失敗したくないという方はぜひご覧ください。

すし政は昔ながらの味のあるお寿司屋さん

こちらすし政さんのメニューなんですが、手書きを基調としていて、店内はどこか懐かしさが感じられます。

手書きならではの温かさを感じますね。

そして後ほどご紹介するのですが、驚きの値段が見えてますねw

これもすし政さんの大きな魅力の1つでもあります。

 

そして、厨房の中にはズラリと寿司職人さんが並んでいます。

鋭い目つきに、威勢のいい声、年季の入った服装を身にまとい、美味しいお寿司を握っています。

決して広い店内とは言えませんが、厨房の中には10人ほどの寿司職人さんがいました。

その分、注文からスピーディーにお寿司が到着するのでランチどきにはありがたいです。

原価率高すぎじゃない!?大丈夫?すし政は定食がお得!!

タイトル、冒頭でもお伝えした通り、すし政さんでは本格的なお寿司がツーコイン(600円税別)から楽しめます。

板前寿司でこのお値段は他を探してもそうは見つからないほど破格です。

今回たっくんは少し贅沢をして、定食の中でも一番高い上にぎり定食(1500円税別)を注文しました。

上にぎりであっても1500円。赤字で潰れないのがすごいです。

アワビにトロにいくら、高級寿司ネタがズラリと並びこれに赤だしもついてこの価格。驚きです。

ざっと計算してみたのですが、この定食お寿司だけで単品で頼むと約1400円。これに赤だしがついてきます。

単品でさえ、原価率がすごく高そうなのにそれ以上にお得となるとここまでお得でいいのかな?って思っちゃいますね。

お寿司は単品で頼むと基本2貫ずつなので、定食にするといろんなお寿司を味わうこともできます。

安く抑えたい人、いろんな種類を食べたい人にもおすすめなのが定食です。とても理にかなっています。

 

今回は単品でもいくつかお寿司をいただいたので、特におししかった寿司ネタをご紹介します。

1,穴子(400円税別)

まずは穴子。お寿司屋さんでは必ず食べるお寿司です。

甘タレの味が強く、小ぶりながら、安定の美味しさです。

2,とろ(上にぎり定食)

 

言わずと知れたお寿司の王様。とろ。

たっぷり脂が乗っていて、醤油をかけた時の脂が浮く感じたまりませんね。脂が乗っている証拠です。

口の中でシャリととろの脂が絡み合って最高のハーモニーです(^^)

3,あぶりサーモン(300円税別)

こちらも大好物の寿司ネタです。炙ることによって香りが引き立っています。

脂もしっかり乗っていますが、トッピングされた薬味のネギ、ポン酢のような酸味のきいた調味料がとてもいいチームワークです。

4,はまち腹(300円税別)

このはまちは腹の部位ということもあり、脂のノリは素晴らしいです。

とろにも引けを取らないほどの脂です。どの魚もハラミって贅沢ですよね〜!

 

 

この4種類の紹介したすし政寿司ネタはぜひ食べてみていただきたい。

ですが、もっと食べていただきたいたっくんイチオシの寿司ネタをご紹介します。

すし政に行ってこのお寿司を食べたいという手はありません。

すし政のたっくんイチオシ寿司ネタ

このカンパチは格別です。先ほど紹介した、はまちの腹のブリっとした食感と比較するととにかくムッチムチ。

ネットリ。口にまとわりつくような質感で新鮮感が一番あった寿司ネタでした。

このカンパチは他のお店と比べても、1つ頭が飛び抜けてます。

食べれば、思わず笑みがこぼれることでしょう(^^)

天満で寿司ならすし政!お寿司に隠れた嬉しい魅力とは?

1,しゃりも美味

すし政さんに来るとどうしても価格とネタに目がいってしまいがちです。

しかし、美味しい寿司ネタを支えているのはまぎれもなくシャリです。

そしてこのシャリの酢加減が絶妙。このシャリの存在があるから個性の強い寿司ネタも美味しくいただけれるんですね。

2,調味料

お寿司屋さんにはお口直しの生姜は欠かせません。

すし政さんの生姜は紅ショウガです。細かく刻まれているため、ちょっとだけとかでもお口直しができる点がありがたい。

また、お醤油はハケで塗るタイプです。

ボトルの醤油差しなどより適量をお寿司にかけることができるためたっくんは断然ハケで塗る派です。

3,人気店だから混みはするものの?

やはり天満の「すし政」といえば遠方からもお客さんが来るほどの人気店です。

その為、待ち時間が何よりも心配ですよね、

たっくんが訪れた際も、確かに賑わっていて店の前には列ができていました。

しかし、途中で列から抜ける人がいたり、そこまで待つことなく入ることができました。

その原因は、徒歩20秒ほどの位置にもう1店舗同じすし政があるからです。

近くに同じ店があると、空いてる方に行こうと思いお客さんが均等になるということですね。

その為、人気の割にはスムーズに入店できるかもしれません。

注意!

今回はお酒を飲む父と一緒に訪れました。

たっくんが訪れた際だけかもしれませんが、ビールはジョッキのビールはなく、大瓶のビールだけでした。

お寿司といえばビールが合うらしく、父も昼から大瓶を飲むか葛藤していましたが、流石に一人では飲めないということになり、日本酒を注文していました。

大瓶をひとりで飲める人ならなんの問題もないですが、そんな量はいらないという人はお酒を飲める人複数人で行ったほうがいいかも。

ただ、ノンアルコールビールは中瓶もありましたー!

すし政中店の店舗情報

【住所】大阪府大阪市北区天神橋5-6-19

【予約・お問い合わせ 】050-5590-1767

【営業時間・定休日 】

11:10~23:00(L.O.22:40)ランチタイム:11:10~14:30

日曜営業

【定休日】月曜日

【席数 】50席(テーブル12席、カウンター13席、座敷25席)

引用:食べログ

 

 

 

-ランチ, ディナー, 天満エリア, お寿司
-,

× デパグル インスタグラム デパグル インスタグラム

Copyright© たっくんの食いしん坊日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.