モーニング ランチ パン 石窯工房ハイジ 東大阪市

【鬼リピ必至】大阪のジュワッ!と美味しいクロワッサンをご紹介 !!

更新日:

サクッとモーニングのはずが、ワンランク上のモーニングに変身。

いっぱい買えば、リッチな心踊るパーティーの一品に!!

クロワッサンマニアもうなる、東大阪の石窯工房ハイジ「米粉のクロワッサン」をご紹介します。

クロワッサンが美味しくなる「米粉」ってどんな食材?

日本の主食がお米だということは、もはや説明する必要もないでしょう。

米粉とは、米粒を細かーく砕い粉末状にしたものです。

そんな米粉の嬉しい特徴を3つご紹介します。

  1. 小麦粉には含まれるグルテンが米粉には含まれておらず、アレルギーが心配な人でも気にせず食べることができる。
  2. 小麦粉に比べると油の吸着率が低く、ヘルシーな仕上がりになる。
  3. いろんな食感を生み出すため、料理のバリエーションが広い。

利点を上げればまだまだありますが、上記の特徴などから、お菓子やパン作りにはもってこいの食材です。

最近米粉を使った料理が増えてきている理由がわかりますね。

石窯工房ハイジさんの米粉のクロワッサンは米粉の利点を惜しみなく利用しています。

だからこそ、あのハイクオリティーな商品が出来上がるんですねぇ〜(^^)

石窯工房ハイジの米粉クロワッサンはなぜこんなに美味しいのか?

米粉の特徴も頭に入れたところで、米粉のクロワッサンの美味しさの秘訣にせまっていきましょう。

1,クロワッサンの外側

周りには甘いお砂糖がコーティングされていて、光り輝いています。

このクロワッサンの底はバターたっぷりで焼き上げているためか、非常にオイリーです。

バターがふんだんに使われていて、底の部分に限っては焼いているというよりかは、揚げているという感覚に近いです。

底をトントンと叩いてみればコツコツと音がかえってくるくらいの硬さです。

この底の部分がたっくんが米粉のクロワッサンをイチオシする一番の理由でもあります。

2,クロワッサンの内側

クロワッサンの断面はこんな感じです。

米粉がせっせと働いてくれているおかげでしょうか、中はしっとりふわっとした食感です。

外側のパリッサクッとした食感と中の優しい食感のギャップがたまりません。

米粉使用のため、モチっと感もあり、底のオイリー感と交わるとジューシーな味わいになります。

これがリピートしてしまう理由なんですねぇ(^^)

美味しい米粉のクロワッサンをさらにベストな状態で確実に手に入れる方法

絶対食べたいから気合い入れて開店直後に買いに行こ!!って思っていませんか?

たっくんはそれで痛い目にあいましたw

張り切っていっぱい買い占めようと思い、開店時刻(7:00)ぴったりに入店!

すると、お目当の米粉のクロワッサンはどこにもありません。

店員さんに聞いてみると、「クロワッサンは10:00ごろに焼き上がりますよ」と言われがっくり。

皆さんはこんなことにならないようにしてくださいね!

大事なことなのでもう一度お伝えしますが、米粉のクロワッサンが焼きあがるのは10:00です。

この時間に合わせて行けば、焼きたてのあったかいクロワッサンを楽しむことができます。

米粉のクロワッサン目当の人は間違っても開店時間に合わせて待ち伏せとかやめてくださいね(^^)

こんなに美味しいのに1個40円という破格

どハマりするほど美味しいクロワッサンがなんとひとつ40円

ミニサイズということもありますが、あの味からすれば超コスパ。

令和の時代に昭和の駄菓子屋のお値段。食べ過ぎてしまうのも無理ありません。

 

また、オーガニックや健康などまったく気にせず、とにかく美味しいものが食べたい!なんて人にも自信を持っておすすめできます。

たっくんがこのクロワッサンを買う一番の理由は何と言っても味です。米粉で体に優しいのはオマケみたいなものです。

冗談抜きで専門店のクロワッサンよりも美味しいと思います。

石窯工房ハイジはたくさんのパンが並んでいて、おすすめは沢山ありますが、この米粉のクロワッサンだけを求めて訪れる価値ありです!

 

 

-モーニング, ランチ, パン, 石窯工房ハイジ, 東大阪市
-,

× デパグル インスタグラム デパグル インスタグラム

Copyright© たっくんの食いしん坊日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.