ランチ 難波エリア ディナー 食べ放題 ブラジル料理

【バルバッコア入門講座】元従業員がメニュー・攻略法を紹介!

更新日:

こんにちは!

今回はシュラスコ食べ放題でおなじみの『バルバッコア』をご紹介します。

最後には元バルバッコア従業員から「知らなきゃ損する、よりバルバッコアを楽しむためのコツ」をご紹介するのでお見逃しなく!

ブラジル料理・塊肉が食べ放題!?

なんといってもバルバッコアの魅力はこのシュラスコが食べ放題という点です。

こんな塊のお肉を食べれるなんて男のロマンですよねw

それではここで少しバルバッコアの紹介をさせていただきます。

バルバッコアとは?

バルバッコアとはブラジルのサンパウロで創業したシュラスコ専門店です。

シュラスコをメインとした本場ブラジルの料理が食べ放題で思う存分ブラジル料理を楽しむことができます。

店舗は日本に8箇所あります。

シュラスコとは?

シュラスコとは本場のブラジルで人気のバーベキュー料理です。

オーブンでじっくり時間をかけて焼き上げ、味付けは主に岩塩のみ。肉の旨みを楽しむことができます。

焼いてくれたお肉はパサドールという店員さんがお客さまの目の前でカットしてくれます。

バルバッコアでは片面が赤色、もう片面が緑色のチップを使って意思表示をします。

パサドールは店内を歩いていて、誰にでもお肉を持っていく訳ではありません。

そのチップを見て行動しています。

  • チップの赤色を上にした場合 → 今は食べられないので一旦休憩の合図。
  • チップの緑色を上にした場合 → お肉が食べたいときの合図。緑色の時はこちらから呼ばなくてもパサドールの方がお肉を持ってきてくれます。もちろん断ることも可能です。

チップの使い方を間違うとどんどんお肉が運ばれてきて自分のペースで楽しめなかったり、全然お肉が食べられなかったりするのでご注意を。

しかしこの記事を見てチップの使い方を覚える必要はありません。食べ放題がスタートする前に店員さんが丁寧にルールなどを教えてくれるのでご安心を。この記事は参考程度に見てみてください(^^)

バルバッコア元従業員の小話

バルバッコアで働き出したきっかけは高校一年生の頃にバルバッコアとは違うお店にシュラスコを食べに行ったことがきっかけです。

そこの味が忘れられず家の近くにシュラスコ料理店はないのか探していました。そこでバルバッコアに出会いバルバッコアでアルバイトを始めました。

約4ヶ月パサドールとしてバルバッコアにはお世話になりました。アルバイトを辞めてからも客として訪れるほどのバルバッコア愛ですw

この記事では従業員目線を交えながらみなさんにバルバッコアの魅力をお届けします。

肉嫌いでも楽しめちゃう安心の品数。写真を使ってメニュー紹介!

バルバッコアは初めての方はもちろん、何回かいったことがある人でもどれを食べようか迷うほどのメニューの数があります。

ある程度食べる順番・ペース・種類を決めておかないと痛い目にあうかもしれません。w

このセクションである程度食べるものを決めてバルバッコアを楽しく攻略しちゃいましょう!

また、お肉が嫌いだけど上司からの誘いに断れなくてきちゃった。なんて方がいらっしゃるかもしれません。w

でもそんな方でも楽しむことができるお肉以外のメニューもご紹介します!ぜひご覧ください!

シュラスコ料理メニュー

ランプ、豚肩ロース、カイノミ、鳥ハツ、ローストチキン、ソーセージ、ラム、ペッパーステーキなどがあります。今回行った時にはサーロインステーキなんかもありました!

たっくんのおすすめメニュー 〜シュラスコ編〜

ピッカーニャ(イチボ)

ピッカーニャ

ピッカーニャ(イチボ)

ダントツの人気NO,1メニューです。牛一頭から少ししか取れない希少部位で脂が乗っていて、レアに焼き上げた感じがたまりません。一回食べるだけでは物足りない、何度もおかわりしちゃいましょう!

焼きチーズ

焼きチーズ

焼きチーズ

これもパサドールが持ってきてくれるのですが、チーズ好きには是非食べていただきたい!とっても味が濃いくてちびちび食べるのをおすすめします。常に皿の上にあって欲しい一品です。

ガーリックステーキ

ガーリックステーキ

ガーリックステーキ

こちらはたっくんの個人的に好きな一品です。w

ガーリックの香りが良く岩塩がガリっとしていて、何と言っても脂分が多い!やっぱり肉の脂って最高ですよね!?

バルバッコア名物焼きパインの嬉しい消化作用!?

忘れてはならないのがこの焼きパインです。

焼きパイン

こちらもパサドールが運んできてくれます。味はもちろん絶品です。焼くことによってパインの甘みが倍増します。

味だけでなくパインには嬉しい効果が!

それは消化作用です。パインは天然の胃腸薬と呼ばれるほどのフルーツです。

お肉の分解を助けてくれる消化酵素がたっぷり入っているので胃もたれが起きにくくなったり、口に残ったお肉の脂をさっぱりしてくれたりとお肉とパインの組み合わせは100点満点なんです!

お肉→パイン→お肉→パインの順番で食べると良いらしくついつい食べ過ぎちゃうかもしれないです。w

サラダメニュー

日本でもおなじみの野菜からブラジルのみたことのない野菜まで数々のサラダが並んでいます。ドレッシング・トッピングも豊富な種類があるのでいろんな組み合わせで楽しめます。ですが野菜の食べ過ぎには注意を(最後にも説明します。)

デザートメニュー

デザート

ディナーではデザートビュッフェは別料金なんですが、ランチでは全て含まれています。デザートはブラジル特有?の変わったスイーツなどが並んでいます。基本甘めのスイーツが多い印象です。

たっくんのおすすめ 〜デザート編〜

アサイーヨーグルトです(写真:紫色のデザート)。フルーツがたくさん入っていてどこかチーズのような香りがする一品です。お口直しにもってこいのデザートです。

ドリンクメニュー

ドリンクバー

こちらがドリンクバーになります。ドリンクバーもシュラスコ食べ放題に含まれています。

アルコールの飲み放題は別料金になるのですが、たっくんと一緒に行った人の情報によるととてもお得だそうです。

特にブラジルで有名なお酒「カイピリーニャ」が美味しそうです。サトウキビで作ったお酒にライム丸々1つを使った贅沢ないっぱいです。ぜひお試しください。

料金(税抜き価格)

*こちらの価格は大阪心斎橋店の料金です。他店舗では値段の違いがある可能性があります。

ランチ(平日)2時間制 LO:終了20分前

大人:3200円  子供(6~12才):1500円

フリードリンクセット(アルコール):1500円(任意)

ランチ(土日祝)2時間制 LO:終了20分前

大人:3600円  子供(6~12才):1800円

フリードリンクセット(アルコール):1500円(任意)

ディナー 2時間制 LO:終了20分前

大人:4800円  子供(6~12才):2400円

デザートビュッフェ:700円

フリードリンクセット Premium Wine Course(アルコール):2700円(任意)

フリードリンクセット    Basic Course(アルコール):2200円(任意)

フリードリンクセット    Standard Course(アルコール):1700円(任意)

出典:バルバッコア心斎橋店HP

 

ミニブラジル旅行体験をしよう!

バルバッコアにはブラジル人をはじめ、様々な国籍の人が働いています。なので店員さんの性格も陽気ですごく親しみやすいのが印象的です。

特にお肉を運んでくれる人(パサドール)に外国人が多く、ありがたいことに日本語も流暢なんですが、最後の挨拶などは「オブリガード」とブラジル語でありがとうと言ってくれたりします。それを真似して「オブリガード」と返してみるのもありですね。

また店内には様々な絵画なども飾ってあり、インテリアにもこだわっているようでした。ソファーの座り心地がとても良かったのが印象的でした。

食べ放題なのに高級感!?

食べ放題だから安い食材ばっかり使ったり、電子レンジで温めるだけものを出したりしてるんじゃない?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心を。

4ヶ月パサドールをしていたのでわかるのですが、食材・調理法にとってもこだわっています。

シュラスコは味付けで漬け込むのに数時間要するものもあります。他にも特注のオーブンがあるのですが、パサドールがつきっきりで焼き加減を管理したり、お肉を焼き上げるにもすごく時間がかかったりしてます。

食べ物だけでなく食器など汚れているものは1つもありません。

ワイングラスには水滴が一滴もつかないように丁寧に拭き上げられています。

店員さんのホスピタリティはピカイチ

バルバッコアの店員さんはとてもホスピタリティが高いです。

それもそのはず、アルバイトであっても最初の研修でみっちり言葉遣いやホスピタリティの精神などを教えていただきます。

たっくんはパサドールでしたが、歩き方や立っている姿勢から教育していただきました。

何か困ったことがあればすぐ対応してくれたりと良い意味で常に見張られている感覚ですw

こういった細かい気遣いのおかげで食事を満喫することができるんですね。

ぜひ店員さんのホスピタリティの高さにも注目してみてください。

知らなきゃ損!?バルバッコア攻略のためのコツ2選

1, 欲しいお肉をリクエスト

バルバッコアではチップを緑色にしているとパサドールがお肉を運んできてくれるのですが、それとは別に店員さんに頼めば欲しいシュラスコ料理を持ってきてくれることができるんです。

これを知らない人ならパサドールが運んできたお肉しか食べれず、全種類のシュラスコを食べられなかった。なんてことになるかもしれません。

また、たっくんのオススメのコツとしてはチップを赤色にしておいて、リクエストだけでシュラスコを楽しむことです。

そうすることで自分のペースで欲しい料理を楽しむことができ、お肉がお皿の上にたまって冷めてしまう恐れもありません。

自分のペースで計画通り食べ進めましょう。

2, 断れない人は痛い目に合う

バルバッコアのパサドールは外国人が多いことは先ほど説明しました。

その外国人パサドール達の共通点はサービス精神が旺盛な点です。

そのためパサドールはお客さんにいっぱい食べて欲しい気持ちでいっぱいです。

中途半端な断り方ではいけません。いらないときはしっかりいらないことを伝えないとお肉を切り始めてしまします。

断るときは断る。これを徹底しないと完全にパサドールのペースで食事することになります。

自分のペースを崩さないためにも断るときはしっかり断りましょう。

 

店舗情報

バルバッコア

*今回は心斎橋店の情報になります。

営業時間:[月~金] ランチタイム 11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナータイム 17:30~23:00(L.O.22:00)
[土・日・祝] ランチタイム 11:30~16:00(L.O.15:00)
ディナータイム 17:30~23:00(L.O.22:00)

 

住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-1-10 キュープラザ心斎橋 8F

出典:食べログ

ご予約はこちら

青山本店

新宿店

丸の内店

六本木ヒルズ店

渋谷店

心斎橋店

梅田店

高輪店

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バルバッコアを楽しむためのポイントをおさらいします。

  1. ある程度食べたいメニューを決めていく。
  2. 店員さんのホスピタリティ
  3. 色々な組み合わせで食べてみる。
  4. 欲しいお肉をリクエストする。
  5. 断るときは断る

とにかく大切なことは自分のペースで食べ進めることです。

せっかくの美味しい料理なので痛い目に遭わないように準備して、バルバッコアを楽しく攻略しましょう!

-ランチ, 難波エリア, ディナー, 食べ放題, ブラジル料理
-

× デパグル インスタグラム デパグル インスタグラム

Copyright© たっくんの食いしん坊日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.